便利な通販の使い方

世の中にインターネットが普及して、何が一番便利な状態に発達したか、と人に聞かれたら、私はまず通販を上げます。
通販、通信販売のことですよね。


雑誌カタログや新聞の折込チラシ、もしくはインターネット上で商品を見て、欲しいと思ったらファックス、葉書、ネットの申し込み方法で購入するやり方です。

支払いも、昔は受け取るときに現金で支払う方法しかなかったのが、ちょっと時間が経てば商品確認後のコンビニや郵便局銀行などでの支払いも可能になり、今ではクレジットで先払いが普通になりましたよね。

カニの通販の情報が欲しい方必見です。

ここまで成長が著しい部門があったかな、と思うほどです。

さて、買い物は手に取って楽しみたい、という方もいらっしゃるでしょうが、そんな方にもお勧めしたい通販の使い方はこれです。「重いものだけ通販で買う」。


これが、便利です。



例えばお米やみかん、水などの消耗品で、しかも重たいもの。
みかんなどを箱買いすると結構な重さになりますし、お米にいたっては必ず要る上に重たいものですよね。

しかも、商品名だけで大体の品質や味がわかってしまう。



そういうものは、手にとって買い苦労して持ち帰る必要はありません。重いもの、嵩張る消耗品ほど通信販売で購入し、家まで運んで貰いましょう。

ネットや葉書で買うならポイントが更に溜まります、などのお店による優待や割引制度もあったりします。
同じ店で買うようにすれば、必要なものを安く便利に買い続けられるということになりますよね。

腰にも財布にも優しいです。